○○式

一度太ってから胸を残してダイエット??バストアップ?

胸の状態をキープしたままダイエットをするというダイエット方法(逆ダイエット法)は、とても効率的に見えますが、今では伝説的になっており、不可能なダイエット方法と言われています。
多くの女性が、一度はダイエットを経験したことがあるでしょう。
思春期を過ぎた頃から、私たちは他人を意識し、自分よりも体型が優れている人に憧れたり、嫉妬したりします。

他人と自分を比較して劣っていると、そのことで落ち込んでしまうのです。
しかし、落ち込んでばかりいても何も変わらないので、少しでも綺麗になろうと、人はダイエットに励むのです。
ダイエットは成功する人もいれば、途中で挫折してしまう人もいます。

勿論意志の弱さもありますが、過激な運動は、即効性はあるものの、痩せた油断から、又リバウンドしたり、それ以上太ってしまう可能性が高いのです。
その点、ウォーキング等の有酸素運動は、1日20分程度で歩くだけなので、とても楽ちんですが、何よりも継続することが大切なので、この程度の運動ならば、苦も無く続けられるので、成功に繋がるのです。
しかし、女性のダイエットの失敗の中には、例えダイエットに成功しても、胸が小さくなってしまうということで、結果的には失敗の部類に入ってしまうのです。

それでは、せっかく体がスリムになっても意味がありません。
そこで、胸の状態をキープしたままダイエットすることは出来ないのでしょうか?
つまり一度太ってから、胸の状態を残して、ダイエットをすると言った逆ダイエット方法なのですが、これは今では伝説的な方法とされて、不可能に近いそうなのです。

ダイエットをすると、先ずふくらはぎから肩、腕、太ももから胸、お腹、腰、お尻と言った順番で痩せてきます。
一度太ってしまうと、全部に脂肪が付くので、痩せる順番からすると、胸は5番目ですから、かなりの日数や時間がかかってしまいます。
この方法は前にも言いましたが、ばかげた伝説的な解釈なので、出来れば食生活の改善矯正ブラジャーの改善、十分な睡眠や適度な運動等、普段の生活の中で少しずつバストアップにいいことを行っていくのが、一番良い方法ではないでしょうか?

このページの先頭へ