○○式

バストアップに必要な女性ホルモン、簡単には出ない!

女性らしさという言葉がありますが、これは振る舞いが女らしいというのもありますが、多くの場合イメージするのが、洋服から盛り上がった胸でしょうか。
ふくらみが大きいほど、女性らしさを感じますが、全ての人が顔が違うように、胸の状態も皆、違いがあります。
小さい人もいれば、大きい人もいますし、小さくてもハリがあって形が良いという人もいて、千差万別です。

女性にとって理想的な胸の状態というのは、ツンとハリがあって、お椀ぐらいの大きさ(大きからず小さからず)で、乳首や乳輪も小さからず大きからずの適度な大きさでピンク色というのが良いとされています。
そもそもバストの大きさは、遺伝的なものも大きいのですが、その後の生活習慣によっても影響は大きいので、普段の生活が乱れていると感じる人は治すことによって、胸の大きさも形も改善してくることは可能です。
特に思春期を過ぎた頃から、男子と女子の違いが表れてくるのは、ホルモンが影響しており、女性らしくなれるのは、女性ホルモンのおかげなのです。

女性ホルモンは、エストロゲン・プロゲステロンから出来ており、胸のふくらみを作っているのは、このホルモンの分泌によるものですから、先ずは女性ホルモンをアップさせることが、バストアップに繋がるでしょう。
しかし、普段の生活において、食生活が乱れたり、ストレスを多く溜めこんでしまったり、夜更かしをしたりしていると、分泌が低下してきてしまうので、当然バストアップも妨げられてしまうのです。
肌荒れや冷え性、生理不順は、不妊症を引き起こしてしまうリスクが高まるので、女性としての特権である妊娠・出産が出来なくなるというのは、とても悲しいことでしょう。

先ずはしっかりと病院で診察を受け、女性ホルモンの分泌が安定しているのかどうかを診てもらい、あまり分泌されていないようであれば、薬を処方してもらいましょう。
又、それだけでは、安定したホルモン分泌は完全ではないので、普段の生活習慣も改めることが大切です。
夏でも体を冷やさないようにし(特にお腹周り)、冬場はしょうがたっぷりのスープや、湯たんぽ、足を冷やさない靴下を履くことも忘れないでください!

このページの先頭へ